*************************
ウッドボックス風音.jpg
*************************
カテゴリ
↓ はじめて or 団体 でご来店される方はこちらをご覧下さい ↓
カフェ風音について.jpg
*******************
新着記事
閉店のお知らせa.jpg

2006年08月16日

CAFE風音 本日のお客様 『'79 ショベル』

・・・と言いましても、昨日ブログにUPできなかったので。

昨日のお客様富山からお越しの『 1979 HD ショベルヘッド 』@いっさんさんです。

同じ北陸とはいえ、かなりの距離。 本当ならもう一台とキャンプツーリングでお越しの予定でしたが、なんと金沢でエンジントラブルで脱落・・。
そこからは 『1人でボチボチ行わぁ〜』と 南下してまいりました。

お昼少し過ぎたころに風音に到着。
ナイスサウンドが聞こえてきたと思ったらやっぱりショベル!

26 009.jpg

渋い! そして@いっさんさんもナイス!

カレーを食べて、バタバタしながら少しお話。 実は'66バスにも乗っているパパなのです。

テントは琵琶湖の海津大崎で張ることにした模様。 本当はもっとお話したかったですが、今度は奥様を連れて来てくれると言うことで
そのときまでのお楽しみとしておきましょう♪

@いっさんさん本当にありがとうございました!

26 010.jpg

ショベルヘッドとは・・?

1966年にパンヘッドに変わってデビューしたハーレーダビッドソンモデルをVツインヘッドの形態からこう呼ぶことがある。あるいはそのエンジンを指す。ロッカーアームがショベル(シャベル)に似た形態のヘッドに収められており、それまでのパンヘッドに比べオイルの循環経路が改良された他メンテナンス性も向上した。同時にシリンダは新設計となり燃焼室は拡大、吸排気効率も見直され、パンヘッドに比べ5ps程度のパワーアップが達成されている。
 1969まではパンヘッドのクランクケースを使っており、充電方式もそのままパンヘッド時代のジェネレータによる充電を引き継いでいる。このエンジンないしこれを積んだ車体をアーリーショベル(Early Shovel)もしくはパンショベル(Pan Shovel)と呼ぶ。1970年から充電系はオルタネータ式になりクランクケース形状も変更されている。通常ショベルヘッドといえばこの後期型を指す。排気量は発表当初の1200ccから1978年に1340ccへアップされている。

@いっさん ブログ 『初老のボヤキ。』 http://issan.blog68.fc2.com/



posted by 風音 at 08:44| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CAFE 風音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何とか無事に帰ってまいりました!
こちらこそ忙しい中お相手いただき、ありがとうございました!

次回はBUSでお邪魔できたら最高なのですが・・・・・息絶えてしまいそうで怖いなぁ〜(笑)。

今後とも宜しくお願いしますね!
Posted by @いっさん at 2006年08月16日 22:22
先日はありがとうございました♪

こちらも忙しい中、楽しいひと時を過ごせてうれしく思っています。

今度は是非是非バスにてご家族とお越しください!

お待ちしておりまーす!
Posted by だいちゃん at 2006年08月17日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。