*************************
ウッドボックス風音.jpg
*************************
カテゴリ
↓ はじめて or 団体 でご来店される方はこちらをご覧下さい ↓
カフェ風音について.jpg
*******************
新着記事
閉店のお知らせa.jpg

2007年03月03日

『お水送り』行ってきました!

お水送り行ってきました!

DSC_0090aa.JPG

今年は予報どおり天気もよく、例年に比べるとぜんぜん暖かかったです。

19時ぐらいになると、人もいっぱいに。

神事も法螺貝の鳴る音とともにはじまり
あたりは緊張感に包まれます。

白装束や烏帽子をかぶった僧たちが本堂の前に集い
大護摩といわれる、わら?の大山に火を灯します。
灯すといっても火はたちまち大きくなり、あたり一面
炎の色に染まります。

DSC_0033aa.JPG

この灯された大護摩に向かいお経を唱えます。

DSC_0041aa.JPG

そしてコレが神宮寺の住職。
普段は明るく、面白い事も言ったり。
でも背も高くとってもダンディー。
しかし、今日ばかりはまったく別人のよう・・・。

DSC_0050aa.JPG

で、今回重要なのがコレ。

DSC_0048aa.JPG

『お香水』(おこうずい)
この神宮寺で汲まれた清き水を遠敷川に流し
奈良の東大寺二月堂に送り、春を告げます。


先ほどの大護摩で、僧たちが大松明・中松明を数人で担ぎ
2キロ先にある『鵜の瀬』までお香水
と一緒に運ばれます。

その松明行列に一般の方なども参加でき、用意された手松明
に願い事を書き、僧たちに続いて大護摩にて火を灯し
鵜の瀬まで向かいます。

これが手松明。

DSC_0083aa.JPG

家内安全・健康祈願・・・・など色々ありますが
今回は妻方の叔母が病気と戦っている為『障害打破』に。
良くなりますようにと願いを込めて・・。

そしてその松明を持った人たちが歩き始めると・・

DSC_0085aa.JPG ←クリック!

う〜ん美しい。 生で見せてあげられないのが残念。
まるで火の竜のようです。

鵜の瀬に着くと、そこにも護摩がたかれており
手松明を持った人たちはそこで残りを焼いてもらい祈願します。

そして、クライマックス。
住職がお経を唱え、法螺貝の音とともにお香水を流します。

DSC_0112aa.JPG

遠巻きなので詳細は分かりにくいかもしれませんが
注いでおります。(真ん中、川のがけっぷちの人)

文章では簡単に済んでしまいますが、そのたびたびにお経や
行をおこなう為、現場は常に緊張感に包まれます。
終わりは9時過ぎ。 込む前に少し早めに帰路に着きます。

駐車場との距離も含め、往復10q程あるきましたので
足はしびれ、ほっとした瞬間に疲労感に包まれます・・。

でもそれは心地よい疲労感で、よりお水送りに参加した
充実感を引き立てているようにも思いました。

ぜひ、来年は皆様もご参加ください。

DSC_0135aa.JPG









posted by 風音 at 13:01| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶー(怒)
いきたかったぁ〜〜(泣)

今度またあるときはぁ
メアドにいれといてね〜
     ばいにゃい(>w<)b
Posted by はる at 2007年03月04日 17:43
>はるさん

毎年きまって3/2ですよ〜
是非来年はご参加ください!
Posted by だいちゃん at 2007年03月04日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35114217

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。