*************************
ウッドボックス風音.jpg
*************************
カテゴリ
↓ はじめて or 団体 でご来店される方はこちらをご覧下さい ↓
カフェ風音について.jpg
*******************
新着記事
閉店のお知らせa.jpg

2007年06月29日

POPUP BOOK

POPUP BOOK

飛び出す絵本。

この間の(6/24)のウルルン滞在紀ご覧になられたでしょうか??


ウルルン滞在紀 6月24日(日)放送

今回は、俳優の大東俊介(21)がニューヨークにアトリエを構えるポップアップ・アーティスト、ロバート・サブダさん(46)を訪ね、“飛び出す絵本”作りに挑戦する。
 “紙の魔術師”と呼ばれるサブダさんが作る飛び出す絵本は、大人も驚くほどの精巧な作りと、ページからはみ出すほどダイナミックな立体感で、これまでの飛び出す絵本の常識を一変。18言語に翻訳され、全世界で600万部を売る大ヒットとなっている。


最近、日本でも結構TVなどに出てくるようになった
『飛び出す絵本』

そのなかでも有名なのが上記のサブダさんのアリス。

実は当店にも結構前からありましてん・・。

DSC_0041sabuta.jpg



といっても、商品というよりか非売品・・。
母が気に入って仕入れた物なのです。

DSC_0029sabuta.jpg

アリスともう一冊アメリカンカントリー系のキャラクターのアンとアンディーの物語。

ここで少しご紹介。

DSC_0030sabuta.jpg
(Alice)

驚くのは芸の細かさ。

飛び出すギミック。
一枚のページを開くだけで、左右上下前後ろまさに3Dに動きます。

DSC_0040sabuta.jpg
(Anne&Andy)

ウルルンの放送を見ていてびっくりしたのが配色・着色の仕方。
一つの絵に対して着色していくだけでなく、大きなキャンバスに
色んな(筆や素手など様々な)方法で塗っていき、そこに着色したい人物や物を照らし合わせて、一番イメージに合った分部をチョイスするといった方法。

これで、ただ単純に塗るのではなく温かみや奥行きが出ているのですね。

それと、結構コンピューター技術なども取り入れているのにも
驚きました。

そして一番有名なのがこのページ。

DSC_0035sabuta.jpg
(Alice)

ちゃんとトランプの枚数描かれているのです。

素晴しき3D。

DSC_0036sabuta.jpg
(Alice)

POPUP BOOKの凄いところは色んな動きで飛び出すのもそうなのですが、ちゃんと閉じるところ。

ここに驚いてしまいます。

そして今は、開くと絵本に対して垂直方向にクルクル回転したり
小さい電池を利用して光ったりするそうです。
(新作のスターウォーズの中のビームサーベル)

コレも見てみたい!


とりあえず、今のところ店頭販売は考えてはいないのですが
是非一度見てみたいという方は遊びに来てくださいね♪







posted by 風音 at 12:36| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | CAFE 風音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチにもありますよww
まだリオに見せれないので開けていないですけど(笑)
潰されるのがオチ?
Posted by トモカズ at 2007年06月29日 16:29
>トモカズさん

基本うちも小さい子NGです。

でもさすがトモカズさんお持ちとはお目が高い♪
Posted by だいちゃん at 2007年06月30日 08:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。